スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご当地紹介

突然ですが…
我が益田市は、雪舟の終焉の地であります。
雪舟…水墨山水画で有名な室町時代の禅僧です。
幼き頃、柱に縛られた雪舟が、足の指を使い涙で見事な鼠の絵を描いたという逸話は有名ですね。

我が町には、この雪舟さんが作庭した庭があるお寺が二つあります。
医光寺と萬福寺です。

これが医光寺です。
春には庭のしだれ桜が見事でございます。

DSCF0675.jpg

この立派な門は、お城の大手門を移したのだそうです。
詳しくはこちら。

DSCF0683.jpg

両寺とも、落ち着いた風情の庭園です。
ちなみに、この辺りは、第二次長州征伐の四境戦争の一つ、石州口の戦いの場となったところでもあります。

お近くにおいでの際は、ぜひお立ち寄り下さい。
そうそう、我が益田市は柿本人麻呂の生誕の地でもありますよ。
今日は、ご当地紹介でございました。

追記
医光寺前の街路樹にこんなイボイボが…。

DSCF0677.jpg
これって、病気なんでしょうかねぇ。
まぁ、どうでもいいことなんですが(笑)

PS
皆さんの一押しがこのブログを支えています。
ご訪問された方、ポチをお忘れなく(^_-)-☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
   
今日もポチッ!
ブログランキングに参加しています。お魚バナーをポチして下さい!

コメント

§

鮎さんちの近所にでかい寺がありましたね。

しかし画像のお寺は歴史を感じるお寺ですね。

他に御当地紹介する物は?
やはりトドっすか(^^ゞ

§ いさき 様

残念ながら、あれ以来トドは見かけなくなりました(笑)
九州からの観光客だったのでしょうか(^^ゞ

準備万端ですか?
明日が待ち遠しいですね。

§

明日は昼出しで行ってきます。

20時過ぎから下げに入りますが・・
大流れになったら釣りならんかも?
保険の意味で昼釣りも(^^ゞ
てか、えばったれ(バリ)の猛攻に会いそう(^^ゞ

§ いさき 様

昼出しですか。
たっぷり釣りができますね。
バリバリ釣ってください(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
我が家の囲炉裏で鮎を食べんさらんかね!

鮎福屋

Author:鮎福屋
鮎釣り(ホームグラウンド:高津川支流匹見川)を20数年!自宅に囲炉裏を作り、屋号は鮎福屋。数年前から磯ふかせ釣りを始め、ただいま修行中!「好い加減」に生きてます(^_-)-☆
島根県の西部に在住。

WELCOME!
ようこそ!
誰が見てるのかな?
釣った魚は食しましょう!
現在の閲覧者数:
リンク
月別の記事です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。